働いている出版社のよいところ

私は現在、出版社にて学生アルバイトして働いています。
具体的な業務としては、営業、事務作業、などです。
社員の方々と同様の責任のある業務をこなせているので、普通のアルバイトとは異なり、
やりがいがあり、また成長のできる職場環境であると思っています。
働いて1年弱ですが、この会社では入ったアルバイトは基本的にすぐにやめてしまうということでした。
しかし、私がここまで続いているのは社員さんに魅力があるからです。
この企業、社員さんを人柄で採用をしているということもあり、
時に忙しすぎて機嫌が悪かったりしますが、基本的に根はとても良い方しかいない。そう感じています。
また、支社は社員数が少ないのですが、少ないからこそ、人間関係は深くなってしまうもの。
そうなるとやはりめんどくさいなと思ってしまいがちだと思うのですが、この会社は違います。
噛めば噛むほどおいしいスルメのように、深く知れば知るほど良い社員さんしかいません。
自分中心で、きつい、厳しいだけの社員だなと思っていても、話してみれば一番優しかったり。
気づけば魅力に取りつかれていて、異動される際には自然と涙が流れたり。
そんな素晴らしい方々が働いていていて、共に働けて幸せです。
また、自由な社風という点も素晴らしいところだと思っています。
基本的には社員も、アルバイトも予算のうちで自由なことをさせてもらえます。

お堅いイメージの出版社がありますが、この会社はそこが違うなと思っています。

ホーム RSS購読 サイトマップ